食べても太らない方法は常識の裏側にあるが当ブログのテーマ。食べても太らないコツについて

Feed on
Posts
Comments

'睡眠で痩せる' に関する記事

慢性的な強いストレスは、体内のグレリン増やし、
そして増えたグレリンは抗うつ、精神安定剤としての作
用があるらしい、ということがマウスを用いた実験で
分かった。
このグレリンには、前にお話したように食欲亢進作用
がある。

続きを読む »

グレリンはレプチンと反対に、食欲を増し、
脂肪の蓄積を促進する効果がある。つまり、
グレリンの増加は食事の摂取量、そして
体重の増加へとつながる。

続きを読む »

レプチンは代謝を上げる働きもあるらしい。レプチンは
白色脂肪細胞で作られて脳に達し、そこで体の
エネルギー代謝を上げる効果をもたらす。

続きを読む »

レプチンとは何?という問いに答えるなら、
レプチンとは食欲抑制効果のある物質ということ
になる。
一時的に食べすぎたら、通常はレプチンが体内で
増加して、脳の食欲コントロール機能に働きかけ
食欲抑制効果をはっきし、食欲をしずめてくれる。

続きを読む »

睡眠時間が少ないこと、睡眠の質が低いことが
体重(BMI)増加に深い関係があるらしい
ということが以前から言われている。
たしかに睡眠時間が非常に少ない人達の間に
肥満や摂食障害が多いのも事実。

続きを読む »