レプチンは代謝を上げる働きもあるらしい。レプチン
白色脂肪細胞で作られて脳に達し、そこで体の
エネルギー代謝を上げる効果をもたらす。

なので、前でお話したレプチンのもう1つの
痩せ効果である、食欲抑制、食欲制御ということと
合わせると、ダブル効果が期待できる。

あと、レプチンが多ければダイエット効果
グングンあがるのか、ということになると、
それは限度があるようで

限度どころか、レプチンが多くなりすぎると
それがインシュリンの働きの低下、血栓、
自己免疫疾患、心臓疾患などに結びつくと
言われている。

なので、肥満になってしまうと、レプチンの
食欲抑制効果などの良い効果は期待できず、

反対に、色々な病気を起こす原因となりうる
ということだ。

インシュリン抵抗(インシュリンの働きの低下)
ということからすると、ダイエットには逆効果で
あるので、

肥満という状態になると、かえって痩せにくく
なるのだろう。肥満といえば、グレリンの効果も
あるため、

こういうことからすると、体重が増えすぎると
痩せにくくなるということ。