グレリンはレプチンと反対に、食欲を増し、
脂肪の蓄積を促進する効果がある。つまり、

グレリンの増加は食事の摂取量、そして
体重の増加へとつながる。

グレリンは胃や、腎臓、そして脳(視床下部、下垂体)
など、体のあちらこちらで作られる。

食事の摂取量が減ると血中のグレリンが徐々に
増え、脳に作用して食欲が増す。

痩せた人達の体内ではグレリンが比較的多く、
肥満者の体内では少ない。

睡眠が不足するにつれ、グレリンが増え、反対に
レプチンが減少する。こうして、睡眠不足が食欲増に
結びつくと考えられる。

(ref: Sleep, Appetite, and Obesity・・・

実際、実験結果によると睡眠時間の減少とともに
BMIが増加するということが分かった。