睡眠時間が少ないこと、睡眠の質が低いことが
体重(BMI)増加に深い関係があるらしい
ということが以前から言われている。

たしかに睡眠時間が非常に少ない人達の間に
肥満や摂食障害が多いのも事実。

少ない睡眠時間が直接体重増加を引き起こして
いるのか、それとも、睡眠時間はあくまでも
「間接的」な関係しかないのか、

その点は今のところ研究では判明していない。

ただ、睡眠時間の減少に伴い、食欲抑制、
食欲制御に直接関係した物質の量が体内で
大きく増減していることが分かっている。

これらの物質の1つはゲイリンと呼ばれ、もう1つ
は、レプチンという名前である。