レプチンとは何?という問いに答えるなら、
レプチンとは食欲抑制効果のある物質ということ
になる。

一時的に食べすぎたら、通常はレプチンが体内で
増加して、脳の食欲コントロール機能に働きかけ
食欲抑制効果をはっきし、食欲をしずめてくれる。

なので、食べすぎても、レプチンの働きがあるため
その後食べる量が減るので、体重は増えては
いかないようになっている。

こうして時々食べすぎることはあっても、人の体重は
だいたい同じくらいに保たれるようになっている。

レプチンは脂肪細胞で作られ、脳に送られる。

ということは、

脂肪細胞が増えるほどレプチンは増えるので
食欲抑制効果が強く働くようになり、
体重はいつもだいたい一定に保たれる。

普通はこうして体重の変動はおさえられるため、
体重計で毎日確かめなくても、体重は何年も
だいたい同じという人たちは多い。

ただ、レプチンの量が多くなりすぎると
食欲抑制効果があまり期待できなくなる
らしい。

こうなると体重の増加が始まり、ひどければ
肥満にまで発展するということ。